副業・お小遣い、お金にまつわる便利な情報|マネーログ.com

マネーログ.com

お金にまつわるお話 節約・便利・お得

お金を貯めたいなら浪費癖を直しなさい。けど、浪費ってどんなお金の使い方を指すの?

投稿日:

自分の懐を温かくしたければお金を稼げば良いワケですが、せっかく稼いだお金も浪費癖があればすぐ散財しちゃいます。

自分のお小遣いの範囲でしかやりくりできない状況の方も、浪費ばっかりしてちゃいつも「お金無いー!」と言う状況になります。

だからそんな無駄な浪費を無くせばいいのですが、よく考えると「浪費」ってどう言うお金の使い方のことを指すのかわかりませんよね。

だって、必要と思ったからお金を使った使ったワケで、必要無いと思えば誰だってお金を使いません。

しかし、その考え方は正解に聞こえるけどやっぱり間違っています。
「不必要」に使われたお金の正体が分かれば、浪費を避けることができるのです。

では、そんな「不必要」とは何か、正体を暴いていきましょう。

「不必要」の正体を知って、浪費を無くそう

お金の種類は消費・投資・浪費の3つ!

「不必要」の正体を知るために、まずは3つのお金の種類を知っておきましょう。

普段、あなたが使っているお金は、消費・投資・浪費の3つに分類することができます。

これらの違いを知ることで、きっと普段お金を使う意識も変わってくるのでなないでしょうか。

消費とは

衣・食・住など、生きていく上で必要なお金を指します。

投資とは

自分にとって支払った価格以上に有益なこと、複利があること、将来あなたの元へ増えて返ってくるお金を指します。

浪費とは

スバリ、無駄なお金。
「不必要」はここに多く含まれます。

衝動買いや、そんなに必要無いのに買っちゃったモノ、よく分かっていないのに投資(株やFX)してお金を失うことなどを指します。

3つの種類を意識してお金を使おう

3つの種類を意識しないまま全てごっちゃにしてお金を使うと、バランスが崩れていまいます。

例えばお金を貯めるぞ!・・と思った時、1日1食にして食費を削ったとします。 これは、「消費」と言う生きていく上で必要なお金を「不必要」と判断しちゃってます。

パワーが出ないので稼働効率は悪くなりますし、病気になれば病院代もかかります。
体が資本とはよく言ったモノで、これでは自分を不健康においやっています。

節約することはできるけど、ここを「不必要」や「浪費」と判断してしまうのは難しいトコロではないでしょうか。

「投資」を削った場合、もはやお金が増えなくなります。

これは、本を買って読んだり、有益な情報を得るため著名人に会いに行ったり、株やFXに投資したり、資格を取得したり、現状より環境や自分がランクアップするような自己・資金投資を不必要と判断しちゃうと言うことです。

この部分も節約はできそうですが「不必要」と判断しがたいトコロです。

さて、問題の「浪費」です。
この部分に関してはかなり無くすことができるのではないでしょうか。

これから使うお金を「浪費」と判断する方法として、まずは「消費」と「投資」に当てはまる・はまらないを考えると良いでしょう。

馴れ合いと化した飲み会、使ってもいないモノの月額使用料、衝動買い、などは「浪費」ですよね。

あと、株やFXや、流行の仮想通貨の投資など、知識も無いのに情報に躍らせて”投資”することは、もはや”投資”ではなく「浪費」です。

たまたま儲けたのは、たまたま「ラッキー」だったのです。

”投資”は、経済状況や仕組みを知り、情報を得て勉強を重ねた上で行えば「投資」と言えるのではないでしょうか。

適切に判断していこう

3つの種類を知ることで、お金が流れて行く方向が見えてきたのではないでしょうか。

私の場合、洋服が好きでよく買ってしまうのですが買い過ぎてもはやただの「浪費」になってしまっていました。
そこで、本当に着るのか・他の洋服と合わせられるのかなど、”一度よく考える”ようにしただけで浪費がおさまりました。

また、ちょっと高いブランドの洋服でもアウトレットを利用することで「節約」することができました。

面倒くさいかもしれないけど、お金を使う前に”一度よく考える”と言う行動を挟む習慣をつけると良いですよ!

-お金にまつわるお話, 節約・便利・お得

Copyright© マネーログ.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.