副業・お小遣い、お金にまつわる便利な情報|マネーログ.com

マネーログ.com

お金にまつわるお話 クレジットカード

知ってる?クレジットカード現金化の違法性と危険性とは

更新日:

ネットでクレジットカード現金化と検索してみると、違法!やら、危険!などの文字が目に飛び込んでくることがありますよね。

結論から言いますと、クレジットカード現金化はグレーゾーンですが、違法ではありません。

私の近所の金券ショップでは、店前に「クレジットカード現金化!」と書かれた看板がかかってあるのですが、違法であればそのような看板もかかげないはずですよね。

しかし、クレジットカード会社の規約・規定では違反行為となり、日本クレジット協会でも、利用をしないよう注意喚起をしています。

一体違法なのかグレーなのか、規約違反だけど違法ではないのか、利用する側にとって、とても気になる実態に迫ってみましょう!

クレジットカード現金化は違法なの?違法じゃないの?

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、グレーゾーンであることは否めません。
また、カード会社の規約には違反してしまいます。

違反ですが、法に触れることが無いために犯罪にはなりません。
現在までに、クレジットカード現金化を行った人が捕まったことはありません。

ではなぜグレーゾーンなのかと言うと、その一つは違法とする線引きがとても難しいからなんです。

難しい線引き

例えば、下記のようなことがあったとします。

ケースその1

あなたが映画のチケットをクレジットカードで買ったとします。
楽しみにしていたけど、映画館に足を運ぶ時間がどうしてもとれない為、お店で換金してもらいました。

ケースその2

あなたは換金目的で、旅行券をクレジットカードで買ったとします。
そして、金券ショップなどのお店で旅行券を換金しました。 しかし、お店からすればお客さんが旅行券を持ってきたので、業務どおりに買い取った。

・・・このように、両社の認識があいまいなため、違法とする線引きが難しいようですね。

換金目的で購入したお客さんも、そのような目的は無く純粋な気持ちで購入をしたお客さんも、傍から見れば区別を付けることなんてできません。

買い取るお店からしても、チケットを持ってきたお客さんへはその商品に見合った価値の値段で買い取るだけで、そこにお客さんの真の思惑や動機を知る術はありませんよね。

法の抜け穴を狙った巧妙な方法!

クレジットカード現金化業者は金融業者ではないため、お客さんとの直接的な金銭の貸し借りをすることはできません。

ですので、お客さんとクレジットカード現金化業者の間には一旦「商取引」を成立させます。 お客さんは業者から指定された商品などを購入し、それを業者はキャッシュバックを付けたり買い取る形をとってお客さんにお金を渡します。

このような手法をとるため、貸金業法にあたらないんですね。

クレジットカードが停止されるリスクはどうなんだろう

クレジットカードの現金化行為ですが、多重債務を助長させるという観点から各種クレジットカード会社が禁止しています。

ショッピング枠の現金化は、総量規制(年収の1/3までしか借り入れができない規制)なども適用されないため、多重債務問題の原因としても問題視されているんですね。

法律では禁止されていないとしてもカード会社の規約に触れてしまうため、規約違反の罰則として「カードの利用停止」といった処置がとられてしまう場合があります。

カード会社はお客さんがカードを通して何を購入したかを常に監視していて、明らかに現金化のためにカードを利用したと思われる購入が続けば、利用停止措置を行うでしょう。

現金化の利用をしたとカード会社に判断された場合、最初は注意喚起や一時的な利用停止となるようですが、その注意喚起後も現金化利用を続けた場合は強制退会もあり得るようですね。

ちなみに、どのような利用履歴があると「クレジットカード現金化」を行っていると判断されやすいのかは、下記のような行動です。

  • 大量の金券を購入している
  • 換金率の高いモノを大量に購入している
  • 一つあれば足りるようなものを購入し続けている

    ・・・これは、素人目から見ても明らかに怪しい購入ですよね。
    明らかに怪しい購入を続けないこと、現金化を連続して利用し続けないことが、利用停止のリスクを軽減させる方法でしょう。

    また、カード会社はたくさんのお客さんのクレジットカード利用履歴を毎日目の当たりにしているわけで、その中からピンポイントでクレジットカード現金化の利用客を見つけ出すのは非現実的ですよね。

    クレジットカード現金化を利用する場合の最善の方法

    以上のことから、クレジットカード現金化は違法では無いけれども、カード会社の規約には違反することが分かりました。

    また、カード会社はお客さんのカード利用履歴をチェックしていて、換金率の高い購入履歴が続いたり大量であれば、クレジットカード現金化を疑う判断材料となることも分かりました。

    しかし、このページを読んでいる方達は、カード会社に勤めている人間でもなければ現金化に精通した人間では無い方が多いかと思います。
    知識が無い中、現金化を「 個人的 」に行うことはとても危険なのではないでしょうか。

    クレジットカード現金化の優良店舗一覧のページで紹介している業者は、創業から長く運営を行っているところばかりです。
    運営を長く行えるのは、その道に長けているからと判断できますよね。

    クレジットカード現金化を行う場合は業者を通して、不明点や疑問点は質問しながらすすめてゆくのが最善の方法と言えるのではないでしょうか。

    -お金にまつわるお話, クレジットカード

    Copyright© マネーログ.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.