お金にまつわるお話

「ブラックリスト」は俗語?!ブラックリストの正式名称はコレなんです。

更新日:

ブラックリストの正式名称

クレジットカードの支払やスマホの料金、その他公共料金などを滞納したとき、脳裏をよぎるのが「このままだとブラックリストに載るんじゃ・・?」と言う漠然とした恐怖。

どう言う仕組みで載るのか、そのブラックリストは誰が見るのか、載ったら何が起こるのかよく分からないままに、とりあえずお金に関するズボラなことが起こったら、とりあえずブラックリストに載る!・・と思っている方は多いのではないでしょうか。

ブラックリストに関することは追々当サイトでご紹介できればと考えていますが、まず始めに”ブラックリスト”は正式名称では無いと言うことはご存知でしたか?

金融業界に「ブラックリスト」は存在しない

ブラックリストとはあくまで俗語であり、金融業界に「ブラックリスト」と言うリストが存在するワケではありません。

”ブラックリスト”と言う言葉が一人歩きしている状態で、滞納者リスト・借金している人のリスト・・と言ったニュアンスで使っている方を見かけますが、正しい意味は異なります。

これが「ブラックリスト」と呼ばれるモノ

日本には「個人信用情報機関」と呼ばれる個人の信用情報(個人信用情報)を管理する会社が3つ存在します。

  • CIC((株)シー・アイ・シー)
  • 全国銀行個人信用情報センター
  • JICC((株)日本信用情報機関

現在、これら3つの会社が個人信用情報を管理しています。

一定期間返済が滞ったり、延滞したり、破産などをした場合、3社間で「事故情報」として情報を交流させています。

事故情報として登録されている状況を「ブラックリストに載っている」と表見し、個人信用情報機関が保有しているそのようなマイナス面の情報を「ブラック情報」または「ブラックリスト」と呼んでいます。

じゃぁ、「個人信用情報」ってどんな情報なの?

まず、個人信用情報はローンなどを借入する場合や、クレジットカードを発行する場合に利用される情報です。

登録されている情報としては、氏名・性別・生年月日や勤務地などの基本的な個人情報は勿論、クレジットカードやローン等の契約内容・借入状況・支払状況・残高などが登録されています。

はるね
個人信用情報機関は、勝手に個人情報を登録しているの?!

そう思った方も居るかと思いますが、あなたはクレジットカードやローン等を契約する際、情報の利用や登録について同意しているはずです。

そんなのに同意したっけ・・?と思った方は、もう一度契約書を確認してみてくださいね。

-お金にまつわるお話

Copyright© クレジットカードとお金の新常識 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.