お金にまつわるお話

ブラックリストに載ってしまったらずっと消えない?!それとも期間限定?

投稿日:

ブラックリストの掲載期間

以前、個人の信用情報ブラックリストについてお話しました。

では、個人の信用情報に載ってしまった事故情報(いわゆるブラック情報)は一体いつまで記載されるのでしょう。
まさか、永遠に消えないなんてことはあるのでしょうか。

信用情報に事故情報が記載されてしまうと、これからどうなってしまうのかとても不安ですよね。

今回は、個人の信用情報に事故情報(ブラック情報)が記載される期間はいつまでなのか、そんなお話をしてみたいと思います。

個人の信用情報に記載される事故情報

そもそも、”事故情報”とはどんな情報のことを言うのでしょう。

例えば、指定信用情報機関のCICが発行している信用情報開示報告書を見ると「異動」と記載されている欄があります。
この欄に記載されている内容が、いわゆるブラック情報にあたります。

・返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

引用:「信用情報開示報告書」表示項目の説明

返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)

約2ヶ月以上(61日以上)、または3ヶ月以上の支払遅延を起こすと、返済状況欄に「異動」と記載されてしまいます。

しかし、その期間以下の遅延や滞納が数回続けば、当たり前ですが印象は良くありません
明かなマイナス要因であり、利用状況と合せて問題があるとなれば事故と判断されることもあるので、支払等はきちんと行っておきましょう。

返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの

これはどういう意味かと言うと、あなたが支払うべきお金を、あなたの代わり(保証会社など)が支払うことです。

もはやこれは「異動」と記載されても仕方ないですよね・・。
素人目から見ても、「もはや返済能力は無いんだな」と思ってしまいますよね。

任意整理、個人再生、自己破産

今回、CICの信用情報開示報告書を例にお話しをしていますが、日本信用情報機関と全国銀行個人信用情報センターでは任意整理と個人再生を行った場合も、信用情報に記載されます。

事故情報はいつまで掲載されるの?

個人の信用情報に載ってしまった事故情報は、一体いつまで掲載され続けるのでしょう。
CICの信用情報に掲載される情報は下記となります。

「異動」と記載されている行には、保有期間が「契約期間中および契約終了後5年以内」と記載されていますね。

ブラックリストに掲載される期間

※法律の定めがある場合、およびご契約の形態やお支払いの状況によって登録される項目は異なりますので、必ず全ての項目が登録されているわけではありません。
引用:CICの加盟会員から登録される信用情報

各機関によって、期間は異なる!

CIC、日本信用情報機構関(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の各信用情報機関、また項目によって信用情報に記載される事故情報の期間が異なります。

CICKSCJICC
61日以上延滞5年5年1年
3か月以上連続延滞5年5年5年
自己破産7年10年5年
任意整理5年5年5年

事故情報は、あくまで「あなたの金融機関情報」!

ブラックリストに載ったからと言って、就職が不利になる・免許が取れない・受検できない・・と言うわけではありません。

事故情報は、あくまで個人の金融機関情報です。

ブラックリストに載ったからと言って人生が終わるワケではないので、そこまで悲観することも無いのではないでしょうか。

はるね
スマホの普及に比例して、若い世代にはスマホ延滞によるブラックリスト入りが増えてるようです・・

失敗を学習して、計画的なキャッシュフローを組めるようになれば良いですね。

-お金にまつわるお話

Copyright© クレジットカードとお金の新常識 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.